【CBC賞】予定通り連闘参戦ロワ 道悪+逃げ=勝利!?

[ 2020年7月1日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=30日】日曜の宝塚記念当日に行われた東京メイン・パラダイスS。寺下が“逃げ推し”した◎グランドロワは積極的に先手を奪い、直線は内ラチ沿いを粘った。6着には敗れたが、3着馬とはタイム差なし。あと少しだった。連闘でCBC賞に参戦するのは当初からあったプラン。気になって鈴木孝厩舎に行くと、ちょうど厩舎周りの運動をしていた。

 徐々に雨が強くなりだしたが、ゆったりと落ち着いて周回。運動が終わったところで、担当の東助手に話し掛けると「日曜は一瞬、勝ったかと思ったんやけど。そう甘くはないな」と悔しそう。「変わらず元気で調子は良さそう。カイバもよく食べるし連闘でも気にならない」と力を込める。

 これまで、やや重~不良の馬場で計14回出走。そのうち、逃げたレースは【5・1・1・3】と、とにかく走る。今週末の阪神も下り坂の予報。「道悪は得意だし、あとは自分の競馬さえできれば」。先週の借りは今週返す。再び、寺下の“逃げ推し心”に火がついた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年7月1日のニュース