×

【阪神新馬戦】レディステディゴー、追い比べから抜けてV!鮫島駿「能力で勝ち切ってくれた」

[ 2020年6月21日 05:30 ]

 阪神5R(ダート1200メートル)は、好位の外で運んだ2番人気のレディステディゴー(牡=浅見、父ダイワメジャー)が、追い比べから抜け出して初陣を制した。鮫島駿は「体が大きくて緩いので初戦から動けるか心配だったが能力で勝ち切ってくれた」と話した。

 18年キーンランドCを制したナックビーナスの全妹。姉は8勝中7勝を芝で挙げたが、弟は「パワータイプ」という鞍上のコメント通り砂が主戦場となりそうだ。次走は未定。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月21日のニュース