×

菜七子 1カ月ぶりVに笑顔 東京2Rラブロッソーで制す「課題のゲートをしっかり出てくれた」

[ 2020年6月21日 11:12 ]

<東京2R 3歳未勝利>3歳未勝利戦を制した藤田菜七子騎乗のラブロッソー。左は2着の北村宏司騎乗のココリミネルヴァ (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 藤田菜七子(22=根本)が、東京2Rの3歳未勝利戦(ダート1600メートル)を、ラブロッソー(牝3=星野)で制した。5月23日の新潟8R以来、約1カ月ぶりの白星で、今年15勝目。JRA通算では105勝目となった。

 中団待機から直線外を鋭く伸びての差し切りV。菜七子は「課題のゲートを我慢して、しっかり出てくれた。直線は左にモタれていたが、それでも走ってくれた。馬はまだ良くなると思います」と、久々の勝利に笑顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月21日のニュース