【日本ダービー】(11)ガロアクリーク、内枠避けて理想的

[ 2020年5月29日 05:30 ]

北馬場から引き揚げるガロアクリーク(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 皐月賞3着のガロアクリークは6枠11番。上原師は「真ん中がいいと思っていた。ちょっと外めだけど、いいところ。飛びが大きい馬なので、あまり内でも…と思っていた」と歓迎ムード。東京コースは新馬戦以来となるが、その時は上がり3F33秒5の末脚で大外一気を決めている。あとはテン乗りの川田にお任せだ。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月29日のニュース