×

【阪急杯】傾向と対策

[ 2020年3月1日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆年齢 5歳が【6・2・1・29】と断然。明け4歳馬は【1・4・5・22】と勝ち切れないが馬券には絡む。7歳以上【1・2・2・42】と高齢馬は割引が必要。

 ☆巻き返し 前走1着馬は【1・0・1・19】と不振。反対に同6着以下が【6・3・6・79】と強い。前走着順はそれほど気にしなくてよい。

 ☆重賞実績 馬券圏内30頭のうち24頭が重賞で5着以内に入った経験があった。前走重賞以外からの臨戦で勝ったのは17年トーキングドラムのみで3着以内も3頭だけだった。

 結論 ◎ステルヴィオ ○ダイアトニック ▲クリノガウディー

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年3月1日のニュース