展開を読む【雲雀S=平均ペース】

[ 2020年2月15日 05:30 ]

 トウカイオラージュが先手を奪えば、アンリミットは2番手で折り合う。7F戦にしては息の入る流れ。シトラスノート、ジョーアラビカが続き、フレッチア、ムーンチャイムは後方から直線勝負へ。先行勢に有利な展開になりそうだ。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年2月15日のニュース