展開を読む【テレビ山梨杯=平均ペース】

[ 2020年2月15日 05:30 ]

 ショウナンバビアナがハナへ。徹底先行型は少なく隊列はすんなり。直線入り口で2番手からアストラサンタン、ジョブックコメンが仕掛ける。アップライトスピン、シングフォーユーは末脚に懸ける。全馬力を出せるよどみない流れ。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年2月15日のニュース