【中山金杯】昨年JC制覇マーフィー 初騎乗ザダルに好印象「動きがパワフル」

[ 2020年1月4日 05:30 ]

<中山金杯調教>国枝師(右)と記念撮影におさまるオイシン・マーフィー(左)、マーフィーの父親のジョンさん(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 昨年、ジャパンC(スワーヴリチャード)でJRA・G1初制覇を飾るなど大活躍したオイシン・マーフィー(24=英国)が美浦に登場。父ジョンさんが見守る中、精力的に調教をこなした。中山金杯で初騎乗のザダルには12月25日の追い切りに騎乗した。「動きが凄くパワフル。大竹厩舎の管理馬らしくフィジカル面がしっかりできている。いい印象を持って競馬に臨める」と語った。今回の短期免許期間は5日~2月3日。再びマーフィー旋風が吹き荒れそうだ。 中山金杯

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年1月4日のニュース