もう1頭の孫娘フジマサリアル、来月6日に登場 菊川師「大物感満点」

[ 2019年6月28日 05:30 ]

引き運動を行うフジマサリアル(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 メジロドーベルのもう1頭の孫娘フジマサリアル(菊川、父リアルインパクト)は次週7月6日の福島新馬戦(芝1800メートル)でデビューする。菊川師は「迫力ある動きだし、古馬みたいな体つき。気性も素直でセンスもいい。大物感満点です」と500キロの雄大な馬体を絶賛する。こちらは昨年のセレクトセール1歳馬市場で税別3200万円。田辺騎乗で初陣に臨む。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年6月28日のニュース