【中京新馬戦】“母アパパネ”ラインベック、筋肉質いい 初戦から好勝負

[ 2019年6月28日 05:30 ]

調教から引き揚げるラインベック
Photo By 提供写真

 昨年アドマイヤマーズ(G1・2勝)が勝ち上がった夏の中京新馬戦。友道厩舎の真打ちと目されるラインベック(牡、父ディープインパクト)が登場だ。母は10年の3冠牝馬アパパネ。大江助手は「跳びが大きくフットワークが凄く奇麗。調教をやるたびに血統的な良さが出てくる。ストライドが大きいのでスパッと切れる感じはないが、長く脚を使えそう」。福永も「気性的な難しさもないし筋肉の質がいい。走りそう。距離が延びても問題ない」。初戦から好勝負はもちろん、その先も託せる逸材だ。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年6月28日のニュース