ビコーペガサス死す 28歳、老衰 94年京成杯など重賞2勝

[ 2019年6月12日 05:30 ]

 94年京成杯など重賞2勝を挙げたビコーペガサス(牡)が11日、けい養されていた北海道新ひだか町の西川富岡牧場分場で死んだ。28歳。老衰とみられる。同馬は父ダンチヒの外国産馬で、27戦4勝。デビュー3連勝で京成杯を制し、94、95年スプリンターズSで2着。ナリタブライアンの参戦で話題を呼んだ96年高松宮杯でもフラワーパークの2着だった。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年6月12日のニュース