【エプソムC】ソーグリッタリング、3連勝で初タイ獲る!

[ 2019年6月4日 05:30 ]

重賞初制覇を狙うソーグリッタリング
Photo By スポニチ

 5週連続の東京G1も安田記念をもって終了。今週の東京メインはエプソムCだ。ソーグリッタリングが待望の重賞初制覇を目指す。

 昨秋初戦でオープン入りを果たすと、今年に入って2連勝。星井助手は「秋から筋肉量が増えて、パンとしてきた。馬体が良くなった」と充実ぶりに目を細める。成長力のあるステイゴールド産駒。「激しい気性は父そのまんま」と苦笑いするが「瞬発力が出てきたし、重賞でもやれると思う」と力を込める。

 ここ2走は上がり3F最速の末脚で力強く差し切った。2走前の六甲SでVに導いた浜中との再コンビも心強い。CWコースでの1週前追いでは浜中を背にラスト1F11秒8の鋭い伸び。「追い切ってから状態が上がってきた。前走程度のコンディションで出せそう。ジョッキーもダービーを勝って、流れがいい」と浜中に託す構えだ。

 池江厩舎は6月の重賞に強く、09年以降、月別重賞勝利数は11勝で最多(2位は2月の9勝)。エプソムCは12年トーセンレーヴ、18年サトノアーサーで制している。得意の季節でソーグリッタリングが輝きを放つ。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2019年6月4日のニュース