【あずさ賞】カリボール大外一気V 藤井絶賛「新しい実力が見られた」

[ 2019年4月20日 15:50 ]

 京都9Rの3歳500万・あずさ賞は、3番人気カリボール(牡=須貝、父ジャスタウェイ)が上がり3Fメンバー最速33秒2をマークして2勝目を挙げた。スタートひと息で道中は最後方。勝負どころで馬群が凝縮して、直線で大外に出すと目の覚めるような末脚で前を一気にのみ込んだ。

 藤井は「後ろからでも差せる新しいカリボールの実力が見れました。今後が楽しみな馬です」と手放しで絶賛。須貝師は「ジャスタウェイの若い頃に似ている。無理をさせたくないので、まずはしっかりとケアをしたい」。今後は放牧に出る予定で、次走は未定。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年4月20日のニュース