【福島牝馬S】デンコウアンジュが約3年半ぶりV!重賞2勝目

[ 2019年4月20日 15:57 ]

<福島牝馬ステークス>レースを制したデンコウアンジュ(左端)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 20日の福島メイン「第16回福島牝馬S(G3)」は4番人気デンコウアンジュ(牝6=荒川、父メイショウサムソン)が大外から差し切りV。15年アルテミスS以来、約3年半ぶりに勝利を飾った。

 重賞はその時以来の2勝目。ヴィクトリアMの優先出走権を獲得した。鞍上の柴田善は16年東スポ杯2歳S(ブレスジャーニー)以来のJRA重賞Vとなった。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年4月20日のニュース