【マイラーズC】プレミアム&アメリカーナ 好状態をキープ

[ 2019年4月16日 05:30 ]

 皐月賞をヴェロックスで惜敗2着の中内田厩舎は今週も有力馬2頭がスタンバイ。ダノンプレミアムは金鯱賞が完勝の運び。猿橋助手は「前走を見て改めて走ると思った。疲れもないし、今回も問題なくきています」。久々の反動は見られない。一方、パクスアメリカーナはスポニチ賞京都金杯で待望の重賞V。前走後は放牧へ。「牧場からいい感じで戻ってきた。金杯の時は少しバランスで寄っていた部分があったけど、今はモタれることもないです」。この舞台は【3・0・1・0】と得意。開幕週の京都、こちらも大いに楽しみだ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月16日のニュース