【川崎・桜花賞】郡司ら地元勢“S級S班”迎え撃つ!

[ 2019年4月16日 05:30 ]

川崎競輪をPRする(左から)対馬太陽、佐東詩織、福田綾子(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 川崎競輪場で行われるナイターG3開設70周年記念「桜花賞」(18~21日)のPR隊が15日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。

 S級S班からは三谷竜生、武田豊樹、平原康多、村上義弘が参戦。好調の佐藤慎太郎、約8カ月ぶりに復帰の深谷知広にも注目。地元勢は一昨年覇者の郡司浩平、連覇に燃える小原太樹、五十嵐力、白戸淳太郎らが迎え撃つ。

 KAWASAKIレディー・佐東詩織は「川崎のヒーロー・郡司選手を応援します」、KAWASAKIハニー・福田綾子は「連覇を狙う小原選手に期待」と笑顔。ほいけんたの爆笑ものまねライブ(19日)や騎士竜戦隊リュウソウジャーのショー(20日)などイベントも充実。売り上げ目標は40億円。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年4月16日のニュース