【大阪杯】キセキ、仕上がり上々に陣営満足

[ 2019年3月26日 05:30 ]

 17年の菊花賞馬キセキは昨秋、先手を奪う新たなスタイルで天皇賞・秋3着、ジャパンC2着などG1戦線で活躍した。春はここから始動。有馬記念(5着)以来となるが、清山助手は「秋の連戦を経験した分、馬はパワーアップしている。普段の調教から負荷を掛けているし、いいレベルのところに向かっていけるかな」と仕上がりに満足げだ。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月26日のニュース