川田が固め打ちでリーディング首位堅持!2位武豊&3位ルメールは今週末はドバイへ

[ 2019年3月26日 11:52 ]

川田将雅(左)と武豊
Photo By スポニチ

 JRAの騎手リーディング争いは24日の開催終了時点で川田将雅騎手(33)が42勝でトップ。2日で6勝の固め打ちで、2位の武豊騎手(50)との差を8勝に広げた。

 川田は土曜3勝、日曜3勝と安定した成績で合計6勝。3月に入ってから1週6勝は早くも3度目。開催1週を残して月間20勝に到達した。武は日経賞(メイショウテッコン)を含む2勝を上乗せし、34勝。C・ルメール(32勝)、M・デムーロ(31勝)と両外国人騎手が続いている。

 関東リーディングは戸崎が4勝を上乗せし、24勝で三浦と並んだ。丸山(20勝)、田辺(17勝)、石橋(17勝)と続いており、混戦が続いている。

 なお、今週末は武がドバイゴールデンシャヒーン(マテラスカイ)、ルメールがドバイターフ(アーモンドアイ)、ドバイシーマクラシック(レイデオロ)、UAEダービー(デルマルーヴル)騎乗のため、海外遠征する。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月26日のニュース