【寺下の変 特別編】16日阪神10R 祝50歳!!武豊騎乗◎ヒロシゲゴールドの“逃げ推し”

[ 2019年3月16日 08:00 ]

 競馬界のレジェンド武豊は誕生日前日の14日、交流重賞「名古屋大賞典」をグリムでV。40代最後のレースを、きっちり締めくくった。今年は29勝を挙げ、リーディング3位。50代の鞍上からも目が離せない。

 来週のG1高松宮記念は快足モズスーパーフレアとのコンビで参戦。武豊はフェブラリーSをインティで逃げ切っており、G12連続の“逃げ切り”を狙う。ただ、舞台に関して「中京の千二は(前走の)中山とだいぶ違う。全然、逃げ切れないレース。直線が長くて坂を上がってからも、距離が長いからね。試練です」と慎重だったが、名手の逃げっぷりに注目しよう。

 阪神10Rは武豊騎乗◎ヒロシゲゴールドの逃げ切りに期待したい。ブリンカー着用で逃げた近3走は3→1→1着。ここ2走は5馬身、3馬身差の楽勝だった。鞍上とは初コンビだが、最終追いにまたがり坂路で4F52秒8~1F11秒9をマーク。武豊は「連勝しているし、同じ形で行ければチャンス」とジャッジした。
 鞍上は今年の29勝中11勝を逃げ切りで挙げており、逃げた時の勝率は驚異的な47.8%をマーク。逃げの名手でもあるのだ。50歳になった武豊の逃げに全権委任だ。

 馬券は単勝&馬連流しで相手は○ロードエース、▲ニホンピロタイド、☆タガノヴィッター、以下△ベルクリア、ヴォーガ、セパヌイール、テーオージーニアスの計7頭へ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月16日のニュース