【東京新馬戦】テイクザヘルム直線力強く伸びてV 戸崎も称賛

[ 2019年2月12日 05:30 ]

 東京6R新馬戦(芝1600メートル)は、道中7番手を追走した3番人気テイクザヘルム(牝=安田翔、父ノヴェリスト)が直線で力強く伸びて快勝した。

 騎乗した戸崎は「直線で手前を替えたり、まだ体に緩さは残るけど、新馬としてはレースセンスが良かったと思う」と称賛。一方、安田翔師は「調教通りの走りを見せてくれた。一度気持ちをリセットする意味で、ノーザンファームしがらきに放牧に出します」と笑顔だった。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年2月12日のニュース