【フェブラリーS】インティ90点 筋骨隆々の逃げ脚

[ 2019年2月12日 05:30 ]

筋骨隆々なインティ
Photo By スポニチ

 源義経には武蔵坊弁慶の他にもう一人、常陸坊海尊という僧侶出身の家臣がいました。弁慶に劣らぬ腕力を持ちながら、衣川の合戦から逃げ延びて仙人になったとの伝説もあります。そのため逃げ上手の僧兵と言われています。馬に例えればインティでしょうか。

 肩、トモの筋肉が非常に発達しています。ひと目で屈強のダート馬と分かる体つき。キ甲(首と背中の間のふくらみ)や腹袋も分厚く、尾も太くて力強い。持ち前の逃げ脚を支えるのは浮き上がった丈夫な腱。冬の弱い日差しでも栗毛は黄金色に輝いています。体調もよほどいいのでしょう。ただし、立ち姿には落ち着きがない。右トモを地に着けず、浮かせています。ハミを意識して口を開けています。前向きすぎる気性。トレセンでもこんなしぐさを見せるほどですから、レースで抑えを利かせるのは難しいかもしれません。府中の長い直線でも常陸坊海尊のように逃げ延びるか。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年2月12日のニュース