プレミアムが金鯱賞で始動 陣営「骨格自体は成長」

[ 2019年1月31日 05:30 ]

 17年朝日杯FSの覇者ダノンプレミアム(牡4=中内田)は、金鯱賞(3月10日、中京)で始動することが分かった。昨年のダービー(6着)以来の実戦復帰を目指す。昨秋は天皇賞を目標に調整していたが、調整不足のため出走を見送っていた。猿橋助手は「秋は爪の問題で使えなかった。まだサッとしか乗っていないが2、3歳の時より骨格自体は成長している。これからコース(追い)も取り入れて、段階的に上げていければ」と語った。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年1月31日のニュース