【ジャニュアリーS】ナウ豪快差し連勝 河内師300勝

[ 2019年1月15日 05:30 ]

ジャニュアリーSを制したホウショウナウ=左(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 中山10RのジャニュアリーSは、1番人気のホウショウナウ(牡4=河内)が後方2番手から豪快に差し切って快勝。1600万から連勝でオープン初Vを飾った。

 初の1200メートルでいつもより後ろからになったが「もう少し前に行きたかったが、内枠でちょっと後ろになった。でも瞬発力が凄かったし、思った通りに強い」とM・デムーロは相棒に全幅の信頼を寄せていた。この勝利でJRA通算300勝を決めた河内師も「外枠だったらもっと楽に抜けていた。いったん、下げて外に出したからね。レース後もケロッとしてる。強い」と絶賛。今後は未定も4歳勢から短距離路線を引っ張る新星が現れた。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年1月15日のニュース