【朝日杯FS】ファンタジスト、距離延長は心配無用

[ 2018年12月12日 05:30 ]

ペロっと舌を出すファンタジスト(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 3戦無敗で京王杯2歳Sを制したファンタジスト。6→7Fとクリアして今回がデビュー以来初のマイル戦となるが「調教も含め全く掛かるところがない馬。落ち着いているし距離は心配していない」と梅田師。1週前追いでは坂路で4F49秒5の猛時計をマーク。「2歳馬ではなかなか出ない時計。心臓が強いし、今回も楽しみ」と無敗4連勝でのG1制覇を狙う。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2018年12月12日のニュース