×

【ラジオNIKKEI賞】2着フィエールマン 半馬身及ばず…

[ 2018年7月2日 05:30 ]

<ラジオNIKKEI賞>半馬身及ばず2着に終わったフィエールマン(右)(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 1番人気フィエールマンは、3〜4角で進出を開始。後方から大外を駆け上がり、強引に進路を見つけていく。上がり3Fメンバー最速の脚(34秒4)で迫ったが、V馬には半馬身及ばなかった。石橋は「課題のスタートは出てくれて、道中は気を持たせながら運んだ。ただ、3角から目標にしていた馬が動けなかったのが誤算。自分がそういう競馬を選択したので、申し訳ない…」と反省の弁を並べた。今後はノーザンファーム天栄へ放牧に出され、秋競馬での始動を目指していく。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2018年7月2日のニュース