【古馬次走】クイーンズリングはルメールとの新コンビでエ女王杯へ

[ 2016年10月26日 05:30 ]

 府中牝馬Sを制したクイーンズリング(牝4=吉村)はルメールとの新コンビでエリザベス女王杯(11月13日、京都)へ。古都S快勝プロレタリアト(牝5=小島茂)もエリザベス女王杯へ。

 ブラジルCを制したミツバ(牡4=加用)はチャンピオンズC(12月4日、中京)を視野。同4着サンライズホーム(牡5=平田)は福島民友C(11月20日、福島)に向かう。富士S2着イスラボニータ(牡5=栗田博)は引き続きルメール騎乗でマイルCS(同、京都)。同3着ダノンプラチナ(牡4=国枝)もマイルCS本線だが、賞金不足で除外の場合はキャピタルS(同26日、東京)に回る。

 アイルランドT7着シャイニープリンス(牡6=栗田博)、ブラジルC2着オリオンザジャパン(セン6=小西)は福島記念(同13日)へ。桂川Sを制したフミノムーン(牡4=西浦)は京阪杯(同27日、京都)に向かう。室町Sを制したブルドッグボス(牡4=西浦)はカペラS(12月11日、中山)で重賞初制覇を狙う。同2着エイシンローリン(牝5=松永昌)もカペラSへ。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2016年10月26日のニュース