【共同通信杯】ルメール劇場だ!メートルVへテン乗りも自信

[ 2016年2月11日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=10日】今週は東京でルメール劇場だ、と菱田は確信。土曜、クイーンCのメジャーエンブレムは2歳女王の始動戦。日曜の共同通信杯はメートルダールにテン乗りだが「映像を見たよ。不利を受けているのにラスト100メートルは凄い脚」と予習から自信を得ている。

 この分なら2週続けての重賞勝利が濃厚。そういえば、きさらぎ賞を勝ったサトノダイヤモンドの馬名は、ダイヤの形をした流星(額の模様)に由来するが、ルメールは「フランスメディアは、クリストフのダイヤモンド、の見出しで伝えていたよ」と教えてくれた。海外がすでに注目している事実が誇らしい。その日、ウイナーズサークルでは8歳になる娘のアンドレアちゃんがはしゃぐ姿があった。「ボクがメーンで負けると泣くんだよ。勝って良かった」とここは苦笑い。勝負師の顔とパパの顔。どちらも格好いい。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2016年2月11日のニュース