【カペラS】サウンドガガ12秒2 得意舞台で好勝負期待

[ 2015年12月10日 05:30 ]

 中山メーン「カペラS」の追い切りが行われ、サウンドガガは坂路単走で4F52秒9~1F12秒2。「予定より時計は少し速くなったが、1週前の稽古が足りないぐらいだったのでこれぐらいでいい」と佐藤正師。

 中山ダート6F戦は2勝の実績で得意の舞台。「ここ2走は体に余裕があって伸び切れなかったが、今回はここ目標にしっかり調整。スムーズな競馬ができれば」と好勝負を期した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2015年12月10日のニュース