【日本ダービー】パテック西園師初の栄冠へ!

[ 2011年5月28日 06:00 ]

<日本ダービー>皐月賞の雪辱に臨むサダムパテック

 サダムパテックは27日、トレセン開場直後の午前6時10分に坂路入り。1F17秒前後のゆったりとしたラップで準備運動代わりに1本登坂。その後ポリトラックに移動し、堂々とした脚さばきで1周流した。

 動きを見守った西園師は「ゴール前のフットワークが良かったね。やることは全てやってピークに持ってこられた」と満足顔。「調教後も落ち着いてどっしり歩いているのがいい」と、風格が出てきた愛馬を称賛した。

 皐月賞の直線は不利もあった。「勝負事だから勝ち負けは仕方ない。岩田君には悔いを残さないように乗ってほしい」。祈るようにつぶやいた西園師。競馬人生40年。夢に見続けたダービー優勝のチャンスに、胸を躍らせ東京競馬場に向かう。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2011年5月28日のニュース