松本人志がリポスト 渡邊センスが初出廷の状況、感想を投稿「合コンをすっぽかされた男4人の様な雰囲気」

[ 2024年6月25日 16:42 ]

渡邊センスのYouTubeチャンネルから

 お笑いコンビ「クロスバー直撃」の渡邊センス(40)が25日、東京地裁で行われた写真週刊誌「フライデー」発行元の講談社などに損害賠償や謝罪広告を求めた裁判の第1回口頭弁論に出席した。

 この日の第1回口頭弁論は、講談社側は出廷せず1分足らずで閉廷。苦笑いを浮かべた渡邊は「はやっ」と声を上げた。

 「ダウンタウン」の松本人志の訴訟に関する代理人を務める田代政弘弁護士らと出廷した渡邊は、出廷後に自身のXを更新。「法廷に入り、こちらの弁護士さんらと僕の4人で席に座った。相手の席には誰もいない。来ない。カメラが入ってて、2分ほどその様子を撮影」と状況を説明し、「合コンをすっぽかされた男4人の様な雰囲気。壁を睨むしかない時間。永遠に感じた。口頭弁論は30秒で終了。“はや”それが今日唯一、発した言葉」と自身にとっては拍子抜けだった初の出廷についてつづった。

 松本はこの投稿をリポスト。同席した代理人の田代弁護士は閉廷後に取材に応じ、渡邊の裁判に松本が出廷する可能性については「可能性があるかないかと言われると否定はできないけれども、恐らくそういうことはない。共闘をするということもない。そもそも事件は別」と語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月25日のニュース