街裏ぴんく「R-1に夢はある!」は大ウソじゃないと強調「マジで仕事何倍にも増えてるから」

[ 2024年6月25日 15:12 ]

街裏ぴんく
Photo By スポニチ

 「R-1グランプリ2024」王者の“ウソつき漫談家”街裏ぴんく(39)が25日までに自身のX(旧ツイッター)を更新し、「R-1に夢はある」と強調する場面があった。

 「R-1」を巡っては、お笑いコンビ「ウエストランド」の井口浩之が「M-1グランプリ2022」決勝の漫才で「夢がない」「希望がない」「大会の価値がない」などとイジリ倒し、話題となった。

 そのイメージがいまだ付いて回ることに、ぴんくは「はっきり断言します!元々少なかったとは言え、マジで仕事何倍にも増えてるから実際、R-1に夢はあるで!」と強調。

 「今の俺を見て『夢ないじゃないか』って答え出すんは早すぎるから、もうちょい見守ってくれ!これからもどんどん良い大会になってって下さい!」といい「R-1 2025開催決定!」と告知していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月25日のニュース