ミセス NHK「SONGS」でも新曲「コロンブス」歌わず MVに批判 「青と夏」など歌唱曲4曲を発表

[ 2024年6月19日 15:10 ]

Mrs. GREEN APPLE
Photo By スポニチ

 人気3人組ロックバンド「Mrs.GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)」が初登場し、20日に放送されるNHKの音楽番組「SONGS」(木曜後10・00)で、ミュージックビデオ(MV)が人種差別を連想させるとして物議を醸した新曲「コロンブス」を披露しないことが19日、分かった。

 「パフォーマンス曲は後日発表」としていたが、この日、同バンドの公式Xで「6月20日(木)22:00より出演するNHK「#SONGS」の歌唱曲が発表 #青と夏 #ライラック #Soranji #Dear 以上の全4曲をパフォーマンスします!」と発表された。

 同時にNHK「SONGS」の公式Xもセットリストを発表。「#MrsGREENAPPLE セットリスト発表!『夏が始まる #青と夏』『大人の青春ソング #ライラック』『心揺さぶる壮大バラード #Soranji』『大泉洋 主演映画主題歌 #Dear』と4曲が紹介された。

 MVはコロンブスのような歴史上の人物に扮したメンバー3人が、南の島を訪れて類人猿に音楽などを教えるという内容。類人猿が引く人力車にメンバーが乗る描写もあった。公開直後から「植民地主義と奴隷制を肯定している」「人種差別をエンタメとして楽しんでいる」などの批判がインターネット上で相次ぎ、公開停止となった。

 今月14日のテレビ朝日「ミュージックステーション2時間SP」でも急きょ歌唱を中止。17日のTBS「CDTVライブ!ライブ!」は出演を取りやめた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月19日のニュース