公開延期中の劇場版「緊急取調室」代役・石丸幹二迎え再始動 天海祐希「面白くなってきたじゃない!」

[ 2024年6月16日 15:09 ]

石丸幹二
Photo By 提供写真

 公開が延期になっている天海祐希(56)主演の劇場版「緊急取調室 THE FINAL」に、俳優・石丸幹二(58)が新たに出演することが16日、同作の製作委員会と東宝から発表された。同作は、自殺ほう助の罪に問われて有罪判決が確定し執行猶予中の歌舞伎俳優・市川猿之助(48)が首相役で出演していたが、昨年5月18日に自宅から緊急搬送された後、公開延期の措置が取られた。本来公開されるはずだった昨年6月16日から1年後の“再始動”となった。

 公式サイトでは「公開を延期しておりました、劇場版『緊急取調室 THE FINAL』ですが、この度、新たなキャスト・石丸幹二さんを迎え、再始動させて頂く運びとなりました。昨年公開を予定していた6月16日に合わせまして、皆様にご報告させていただきます」と報告。「公開時期などの続報については、改めて皆様にお知らせして参りますので、どうか引き続きお待ちいただけますと幸いです」とした。

 関係者によると、石丸は猿之助の代役を務める。全編撮影し直すか一部取り直しとなるかなど詳細は決まっていないという。

 天海は公式サイトを通じて「楽しみにしていてくださった皆様、大変お待たせしてしまいました。スタッフ・キャスト一同、劇場版『緊急取調室 THE FINAL』を必ず皆様にお届けしたいと思ってきましたが、やっとこうして再始動を発表できる日を迎えることができました。この1年の間に歳はとってしまったけれども(笑)、色々なことをバネにして、さらにパワーアップしたキントリの最後を飾るにふさわしい“ベストの作品”をお届けすることを、ここに力強く宣言させていただきます!」とコメント。

 「キントリチームでも、またみんなに会えるのが嬉しいよね、と話しています。そして、新たにこの映画に参加してくださる石丸幹二さんとキントリメンバーでぶつかり合えることにも胸を躍らせています。感謝を込めて劇場版『緊急取調室 THE FINAL』をお届けしますので、どうか公開まで待っていてください。面白くなってきたじゃない!」と意気込みをつづった。

 同作はテレビ朝日の人気ドラマシリーズの劇場版。今年2月には公式サイトで「現在、皆様にお届けできるよう準備を進めております」と公開へ向けて準備を進めていることを報告していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月16日のニュース