郷ひろみ 52年目の全国ツアー開幕! 通算110枚目シングル「不思議な縁を感じる」

[ 2024年5月25日 18:53 ]

<郷ひろみ 2024全国ツアー>全国コンサートツアーをスタートさせた郷ひろみ。 コーラスには栗原類(左から2人目)も参加 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 の郷ひろみ(68)が25日、千葉県松戸・森のホール21で全国27都市を回るツアーをスタートさせた。10月には69歳の誕生日を迎え、“黄金の60代”も締めくくりとなり、ツアー33公演の完走に向けて「GO!GO!GO!GO!」と華麗に歌い踊り舞った。

 レーザービームに照らされ、「G」と映し出されたステージにド派手に登場。白のタキシード姿で、集まった1850人の大歓声を受けると、「2024年はスタイリッシュに始めたのに、この盛り上がりは素晴らしい!」とニッコリ。

 この日は、約2時間のステージで代表曲「GOLDFINGER’99」「お嫁サンバ」など、誰もが知る郷ひろみをふんだんに盛り込んだ全23曲を披露。軽快なターン、代名詞のジャケットプレーで魅了した。

 
 来月5日発売の新曲「できるだけ、」は、これまでになかったコーラスを織り交ぜた。「思いやりを込めた曲になってます」。サビの振り付けも老若男女が踊りやすいものになっており、「いろんな方に楽しんでいただきたい」と笑顔をみせた。

 また通算110枚目のシングルとなり、「2で割ると55で、55周年に向かっていくなかで不思議な縁を感じますね」と感慨深い様子。“黄金の60代”も終盤を迎え、次なる“プラチナの70代”に向けて華麗に歌い踊り続ける。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月25日のニュース