×

「カムカムエヴリバディ」第52回 るいと錠一郎 衝撃の第38回との対比

[ 2022年1月14日 08:15 ]

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第52回で、洋服店を訪れた、るい(深津絵里)と錠一郎(オダギリジョー)(C)NHK
Photo By 提供写真

 【牧 元一の孤人焦点】14日放送のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第52回で、ヒロインのるい(深津絵里)がトランペッターの錠一郎(オダギリジョー)に額の傷を見せるシーンがあった。

 るいが自ら傷を見せる場面として強く印象に残っているのは、昨年12月22日放送の第38回。雨の中、大阪から戻ってきた母の安子(上白石萌音)に対し、幼いるい(子役の古川凛)は険しい表情を浮かべ、英語で「アイ・ヘイト・ユー(大嫌い)」と言い放った。衝撃を受けた安子は動揺。るいから遠く離れて暮らす決心を固めるに至った。

 今回の演出を担当した泉並敬眞氏は「第38回のあの場面との対比を考えた。今回は、台本では雨のシーンはなかったが、第38回が雨のシーンだったので、雨のシーンを入れようと考えた。るいは、雨に良い思い出がない。同じような状況に置かれた時、どうなるのか?どう転換していくのか?」と話す。

 るいが錠一郎に額の傷を見せたのは、雨の中、2人で訪れた洋服店の試着室だった。

 泉並氏は「鏡が良いアイテムになっている。あの場面で鏡を使うことは考えていなかったが、深津さんとオダギリさんから、鏡を通してお互いの視線を合わせたらどうだろう?という話があって、そのアイデアをお借りした。るいのかっとうを表現することに貢献したと思う」と明かす。

 最後に試着室のカーテンが閉じられ、今回の幕が閉じられた。

 泉並氏は「あれは台本に書かれていた。自分自身では、見せないことを面白がったと思っている。なんとなく皆さんの想像にお任せしながら、るいとジョーが抱く希望を感じていただきたい」と話す。

 第38回と今回の対比。モノトーンとカラー、暗闇と光明、絶望と希望…。初回からこのドラマを見てきた視聴者として、一つの区切りを感じる回となった。

 泉並氏は「第38回までは心がざらつく世界だった。るい編は青春物語、映画「アメリカン・グラフィティ」のような世界で、ゆっくり癒やしている。皆さんには『るいちゃん、頑張って!』と思っていただきたい」と話す。

 とはいえ、第38回で受けた衝撃が消えうせたわけではない。安子はあの後、どうしたのか。るいを残して、どのような思いで暮らしていたのか。るいが、誤解を解く日は来るのか。2人がまた互いに愛情を感じ合う時は訪れるのか…。それらが描かれるのは、まだ先になりそうだ。

 ◆牧 元一(まき・もとかず) 編集局デジタル編集部専門委員。芸能取材歴30年以上。現在は主にテレビやラジオを担当。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月14日のニュース