カズレーザー 東京五輪「開催疑問視のスタンスをとってた番組にメダリストは出てくれるんですかね」

[ 2021年6月11日 10:15 ]

「メイプル超合金」のカズレーザー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(36)が11日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が10日のオンライン記者会見で、6月中の来日を見送ると明らかにし、東京五輪に向けて「7月中旬に訪れる方がいいとの結論に至った」と述べたことに言及した。

 バッハ会長は、7月23日の開幕に向けて「実施段階に入った」と開催方針を改めて強調し、最後は「東京で会いましょう」と締めくくった。IOCは五輪開幕前の7月17、18日に理事会を、同20、21日に総会を東京で開催する予定。会見では五輪開催への自信や国内で根強い反対論への見解を求められたが、詳細の説明はデュビ五輪統括部長に任せるとして回答しなかった。

 カズレーザーは「40日前なんで実施段階になんないとできないわけなんで。もともとずっと開催前提の話を進めてたので、状態が悪化していない以上は特に触れることはないと思うんでこういうふうになると思う」と自身の考えを述べ、「開催するとなると気になるのがこういう番組でずっと開催疑問視のスタンスをとってたじゃないですか。開催になったら番組で報道させてくれるんですかね?メダリストとか出てインタビューに答えてくれるんですかね?“あななたち、やらない方がいいって言ってませんでした”みたいになんなんですかね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月11日のニュース