神木隆之介、邦画トップ10常連“1000億の男”仲野太賀も絶賛「日本の映画史は、神木が作った」

[ 2021年4月20日 17:55 ]

神木隆之介
Photo By スポニチ

 俳優の神木隆之介(27)が19日放送のニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」(月曜深夜1・00)に出演。ある大記録について、共演者からイジられ倒す場面があった。

 「映画の興行収入」についての話題になると、俳優の菅田将暉(28)は「やっぱり(神木は)“興行収入ハンター”ですから。知らない人は邦画のトップ10を調べてみてください、7割くらい絡んでますから」とニヤリ。俳優の仲野太賀(28)も「日本の映画史は、神木隆之介によって作られましたから。合わせたら、たぶん興行収入だけで800億くらい行きます」と笑わせる。

 日本映画製作者連盟が発表したデータによると、歴代邦画のトップ10のうち、神木は2位「千と千尋の神隠し(316.8億)」、3位「君の名は(250.3億)」、5位「ハウルの動く城(196億)」、6位「踊る大捜査線 THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!(173.5億)」、8位「天気の子(141.9億)」の5作品でランクイン。それぞれの興行収入を足すと「1078.5億円」となる。

 神木は「本当にたまたまだから!」と謙そんするも、菅田は「これは本当にすごいことよ。8歳とか、10歳のときに声を当てた『千と千尋』とか『ハウル』とか。実写1位の『踊る大捜査線』って、もうただの運ではないやん。ハントしてるとしか思えない!」と笑いながら絶賛。仲野も「こんな、俳優は他にいないと思うよ。アジア全体で見てもソン・ガンホか神木隆之介かじゃない?」とほめ殺しで、神木を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月20日のニュース