吉村知事 府立校の「一斉休校はしない」 子供から子供への変異株感染が確認されれば…

[ 2021年4月20日 21:51 ]

大阪府の吉村知事
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染急増を受け、政府に3度目の緊急事態宣言を要請を正式に決定した大阪府の吉村洋文知事(45)が20日夕、MBSテレビの報道情報番組「よんチャンTV」に生出演。府立高校について「一斉休校はしない」と語った。

 
 大阪市は松井一郎大阪市長が前日19日に、宣言が出れば市立の小中学校での授業を「基本的にオンラインにする」と明かしていたが、そのための機材を「大阪市は3月にすべて配布済み」であることが背景にあるとし、それ以外の市町村に関しては「最終的にはそれぞれの市と市長の判断」とした。その上で府内の公立高校・支援学校などについては「一斉休校はしない。行きたくない人には配慮する」と柔軟な対応をとる姿勢を示した。
 
 ただ、変異株の子供たちへの影響については憂慮していることも吐露。「今までは子ども同士での(新型コロナ)感染はあまりなかった。学校生活でもそうだ。ただ、変異株についてはまだわからない」と不安も抱いている。「もしも子供たちがかかって、子供から子供に感染、そして親へと家庭内感染すれば全滅状態になる。一斉休校しないのは、子供から子供への感染が今はないからだ」と猛威を奮う変異株次第で、今後の方針変更もあることを暗に示唆していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月20日のニュース