北島ファミリー、同じ楽曲21日同時リリース 北島三郎作曲、それぞれの曲のカップリングに

[ 2021年4月7日 05:30 ]

新曲「ありがとうの空」をB面曲として21日に同時発売する(後列左から)大江裕、北山たけし、原田悠里、山口ひろみと作曲を手がけた師匠の北島三郎(中央)
Photo By 提供写真

 演歌歌手・北島三郎(84)の一門「北島ファミリー」のメンバー全員で合作した新曲がリリースされる。弟子の原田悠里(66)、北山たけし(47)、山口ひろみ(45)、大江裕(31)の4人で歌唱し、北島が「原譲二」名義で作曲した「ありがとうの空」(作詞もりちよこ)。全員で歌う機会はコンサートなどであったが、音源化されるのは初めてだ。

 同曲制作のきっかけは、コロナ禍で延期になっていた原田の「港町シネマ」、北山の「風物語」、山口の「大間崎」、大江の「登竜門」が今月21日の同時発売になったこと。北島が「コロナで協力し合わなきゃいけない時期。ファミリーも心を一つにして頑張ってみたら」と提案。それぞれの曲のカップリングとして同曲が収録されることになった。

 老若男女に届くようにと、サブちゃんが数日で書き上げた曲はラテン風味も感じられるポップな曲。北島は「先の見えない今だからこそ、前向きで励みになる歌を作ってみました。つらいことの先には、必ず明るい未来がやって来る…そう信じて頑張っていきたいですね」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月7日のニュース