テレ朝「朝まで生テレビ!」司会の村上祐子氏が番組卒業、来月から下平さやかアナに交代

[ 2021年3月27日 15:26 ]

テレビ朝日の村上祐子記者
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ!」(毎月最終金曜深夜1・25)で司会を務めた同局元アナウンサーで政治部記者の村上祐子氏(42)が、26日深夜の放送をもって番組を卒業することが発表された。

 村上氏はアナウンサーだった2011年9月30日の放送から番組に出演。15年7月に報道局政治部へ異動になった後も引き続き司会を務めた。

 この日の番組のラストで卒業が発表されると、村上氏は「10年間お世話になりまして、うち5年間は政治部記者として現場取材も経験させていただきましたので、非常に刺激的で有機的な時間を過ごすことができました。本当に皆さん、今までありがとうございました。田原さん、ありがとうございました」とあいさつし、頭を下げた。

 司会進行の田原総一朗氏(86)から花束を贈られ、「村上さんは人柄もいいし、とても信頼してます。頑張って」と労われると「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と笑顔。「10年といったら長いですから…東日本大震災がありまして、民主党が下野して政権交代があってと、いろいろ10年振り返ってありましたよね」と振り返った。

 そして、田原氏から「この番組で一番面白かったのはいつですか?」と問われると「それは決められないです。毎回毎回、田原さんから直球の質問が飛んでくるので、それをいかに打ち返すかっていうことを考えて、気付けば政治部にいて、永田町にどっぷり浸かっている状態でしたので、これからは取材者として頑張っていこうと思います」と話した。

 番組の公式ツイッターによると、来月からは下平さやかアナ(48)が渡辺宜嗣キャスター(66)とともに番組の司会を担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月27日のニュース