NEWS加藤シゲアキ「オルタネート」で吉川英治文学新人賞受賞 アイドル初の快挙

[ 2021年3月2日 17:33 ]

吉川英治文学新人賞を受賞し、自身の著書「オルタネート」を手に記念撮影に臨む加藤シゲアキ(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 第42回吉川英治文学新人賞が2日発表され、NEWSの加藤シゲアキ(33)の長編小説「オルタネート」が受賞した。アイドルでは1980年の賞開設以来初めてで、武田綾乃さん(29)の「愛されなくても別に」とのW受賞となった。

 前年発表の作品中で最も将来性のある新人作家に贈られる賞で、ノミネート自体がアイドル初。候補にあがった際に加藤は「予期しないお知らせに驚きと喜びが同時に押し寄せ、ありがたい戸惑いをかみしめています」と語っていた。

 「オルタネート」は架空のマッチングアプリを巡る高校生の青春群像劇で、第164回直木賞や2021年本屋大賞でも候補作に選出。発売から3カ月で累計13万部のベストセラーを記録している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月2日のニュース