中居正広の“ツンデレ”にキスマイメンバーほっこり「愛があるねー」

[ 2020年12月1日 17:53 ]

タレントの中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が11月30日放送のテレビ朝日「10万円でできるかな」(月曜後8・00)に出演。アイドルグループ「Kis―My―Ft2」メンバーとの絆の深さを随所ににじませた。

 キスマイメンバーが体を張ってロケし、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」とメンバーがスタジオでロケVTRを検証するというバラエティ。この日はキスマイがひたすらお世話になり続けている大先輩・中居が、同局「中居正広のニュースな会」(土曜正午)で共演している社会学者の古市憲寿氏(35)らとともに参戦、スクラッチ宝くじを買ってその当選金で湾岸エリアを満喫するというロケを行った。

 ロケにキスマイから唯一同行した宮田俊哉(32)が「雲ひとつない晴天ですよ!」と曇天の空を見上げて満面笑みを浮かべると「雲あるだろ。見てみろよ。7割雲じゃねーか」とダメ出しするなど相変わらず指導に余念がない中居。番組中に宮田から「今回、中居さんがスクラッチ旅に出ていただけるということで、うちのキスマイメンバーから中居さんに質問とかメッセージを預かってきているんで」と振られると「うん」とまずは素直に聞き入った。

 だが、最初に出て来たのは玉森裕太(30)からの「中居さん、洋服返してください」。サンドの2人から「泥棒なの?」「どういうこと?」と訝しむ声があがると、中居は「何か勘違いしてんじゃないかな」とまずはサラリとかわした。だが、続いて藤ヶ谷太輔(33)からのメッセージが紹介されると、こちらも「あの~…自分のお気に入りのダウン(ジャケット)は今どこにあるのでしょうか?」とほぼ同じ内容の“クレーム”。再びサンドは「泥棒?」と訝しんだ。すると、中居は「何を言ってるかちょっと分かんなくて」とキッパリ。身に覚えがないふうを装った。だが、藤ヶ谷らはこれまでもテレビやラジオを通じてこれらのエピソードを話しており、以前会食した際に中居がキスマイメンバーの私服を試着した末に持って帰ってしまったことはファンの間では有名な話だ。問題はその洋服たちはその後、どうなっているのか、だが…。「何を勘違いしているのか。なんかオレが服盗んだみたいになってるけど。先輩はさ、後輩に服をあげたりするわけ」としばらくシラを切り続けた中居だったが、観念したように「ま、元気だよ」とポツリ。「元気にしてるよ」と続け、笑いを誘った。

 そして、迎えた番組のエンディングでは、スタジオで他メンバーとともにVTRを見ていた宮田が「みんな気づいた?オレたちがプレゼントした腕時計、この日着けてきてくれたの」とうれしそうにポツリ。中居が3月いっぱいで事務所を退所して独立した際にキスマイメンバー全員でお金を出し合ってプレゼントした高級腕時計を中居がこの日のロケにさりげなく着けてきてくれたことを喜ぶと、メンバーは「愛があるねー」としみじみ。結局は絆の深さを見せつけて終わった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月1日のニュース