高橋克典、昨年末の体調不良巡る声に困惑「“沢尻の尻ぬぐいで倒れた”みたいな…」

[ 2020年2月15日 08:57 ]

俳優の高橋克典
Photo By スポニチ

 俳優の高橋克典(55)が14日放送のテレビ朝日「ザワつく!金曜日」(金曜後7・00)にゲスト出演。昨年末の体調不良の真相を語った。

 昨年末、過労でダウンしたことを自身のブログで明かしていた高橋。その際、女優・沢尻エリカ(33)の薬物事件でNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が撮り直しになったことが原因ではないかと一部でささやかれた。

 高橋は「年末に27日まで仕事して、ものすごく疲れたの」と体調を崩した原因を説明。「去年からすごいできるマネジャーがついて、寝る時間と飯食う時間がなかった。全部やると言ったのは俺だから仕方ないけど、“疲れたよ”と(ブログで)ボヤいた」と経緯を明かした。

 また、体調不良から回復後に登場した年明けのイベントで「初めての大河で、エネルギーを使いました。撮り直しでも、使いました」とコメントしたことも話題となった。高嶋ちさ子(51)から「今はアレですよ。大河の撮り直しをボヤいたら…」と指摘された高橋は「全くそんな言い方してない。大河初出演だしエネルギーを使いましたよって言ったら、“沢尻の尻ぬぐいで克典倒れた”みたいな。ちょっとビックリしましたね」と困惑気味に弁明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月15日のニュース