千鳥大悟 母に言われた“島のサンタ”にお願いする時の流儀「島で手に入らないものは…」

[ 2019年12月25日 11:18 ]

「千鳥」の大悟
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千鳥」の大悟(39)が、24日深夜放送のフジテレビ「志村でナイト」(火曜深夜0・55)に出演。幼少時代のエピソードとして、クリスマス前の母親とのやりとりを明かした。

 クリスマスの思い出を振り返る中、サンタから野球のボールをプレゼントしてもらったことを挙げた大悟。「サンタさんに連絡するから。何が欲しいか言わんと、すぐには分かんないから」「サンタは無限じゃないよ。予算もあるし、仕入れ方もあるよ」と母親からの気遣いを明かした。

 さらに、島育ちなだけに「家に来たのは島のサンタ」だったそうで「島の中にないようなものは、サンタも手に入れるのは難しい」と説明。これにお笑いタレントの志村けん(69)が「(サンタがやって来るのは)トナカイじゃないんだ?」とツッコむと、大悟は「船でしょうね」と返し「だから『島で手に入らないものをサンタさんに言う時はちょっと早めに言え』って。『船で一回都会に出る時があるから、その前に言えよ』って」と“島のサンタ”にプレゼントをお願いする時の流儀を打ち明けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月25日のニュース