「おはよう日本」土日キャスターに5年目・石橋アナ抜てき「名前も“あさ”ですし」

[ 2019年2月13日 18:22 ]

NHK新キャスター会見に出席した、「おはようニッポン」土日祝でキャスターを務める石橋亜紗アナウンサー
Photo By スポニチ

 NHKの4月からの新キャスター発表会見が13日、東京・渋谷の同局で行われ、入局5年目の石橋亜紗アナウンサー(26)が朝のニュース番組「おはよう日本(土日祝)」(土曜前6・00、日曜・祝日前7・00)のキャスターに抜てきされることが発表された。

 2014年に入局し、熊本放送局に勤務。2017年から大阪放送局に務め、現在は「ニュースほっと関西」(月〜金曜後6・10)のキャスターを務めている。そんな石橋アナは新井秀和アナウンサー(39)とタッグを組むことになる。

 石橋アナは「土日の朝ということで、お休みの方も多いと思います。ニュースはきちんと伝えつつ、柔らかな明るい雰囲気でお伝えできれば。新井アナウンサーは何もできない新人だった時からお世話になっている。その新井アナウンサーとお伝えできるのはとても安心感があり、一緒に仲良くできたら」と意気込んだ。

 現在、平日キャスターを務める和久田麻由子アナウンサー(30)とは中学・高校の部活動の先輩後輩の仲。「和久田アナが東京に来て初めて担当した番組も『おはよう日本』の土日。リレーというか、同じ番組を担当できるのはうれしい」と笑顔。ともに6年間、英語のミュージカルに打ち込んでいたといい、「(和久田アナは)憧れですごく尊敬する、いい先輩。体育会だったので、入局してから、普通に仲良く話していただけるようになってすごく感動したのを覚えています。(和久田アナも)『一緒にこれからよろしくね!』と言ってくださって、『頑張っていこう』と改めて思いました。和久田さんの後を継いで頑張りたい」と前を向いた。

 名前が“あさ”ということで「朝の番組ができたらいいねと言っていただくことは多かった」という石橋アナ。「今回、決まった時はもちろん、凄くうれしいなという思いがあった。名前も“あさ”ですし、爽やかにお伝えしたい。(朝は)弱くはないかなと思っていますけど、今までよりもさらに早い時間になるので、体調を整えて頑張りたい」と笑顔を浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月13日のニュース