テレ朝「時効警察」12年ぶり復活、オダギリジョー意欲「なかなかない」

[ 2019年1月8日 06:22 ]

テレビ朝日のドラマ「時効警察」で共演する麻生久美子とオダギリジョー
Photo By 提供写真

 俳優のオダギリジョー(42)が主演するテレビ朝日の連続ドラマ「時効警察」が今年、12年ぶりに復活することが決まった。

 放送開始日は未定だが、関係者は「2019年ならではの面白いドラマを作る」と意気込んでいる。

 このドラマは、時効が成立した事件を趣味で捜査する男を主人公とするコミカルなミステリー。06年1月クールの放送が深夜帯にもかかわらず、平均視聴率10・1%を記録。翌年4月クールのパート2が平均視聴率12・0%と人気上昇し、新作への期待が高まっていた。

 オダギリジョーは「12年も経過して復活する作品なんて、なかなかないと思うので、高齢化したキャストとスタッフで手を取り合って、前作以上に面白い作品にしたい」と意欲満々。主人公を補佐する女性を演じる麻生久美子(40)は「私も12年分の年齢を重ねて不安も募りますが、大好きなキャラクターをまた演じられる喜びもあります」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年1月8日のニュース