「孤独のグルメ」大みそか異例のドラマ編成健闘4・6% 前年ボクシング上回る

[ 2018年1月2日 12:25 ]

「孤独のグルメ」の主演を務める松重豊(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 昨年大みそかに放送されたテレビ東京の人気ドラマ「孤独のグルメ 大晦日スペシャル〜食べ納め!瀬戸内出張編〜」(後10・00〜11・30)の平均視聴率が4・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。

 同局の前年16年の大みそかは「30秒後に絶対見られるTV」(後7・00〜9・30)=2・5%、「ボクシング2大世界戦」(後9・30〜11・30)=3・9%。

 17年は6時間特番「第50回年忘れにっぽんの歌」(後4・00〜10・00)の8・4%を受け、4・6%。前年のボクシングを上回り、健闘した。

 大みそかのゴールデン・プライム帯はここ数年、スポーツ番組や報道番組が多く、ドラマは異例の編成。さらに、ラストシーンは生放送と、異色ずくめとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月2日のニュース