カラフィナ困惑 休養申し出るも仕事続々…梶浦由記氏退社問題

[ 2017年12月24日 06:40 ]

Kalafinaの(左から)Hikaru、Keiko、Wakana
Photo By スポニチ

 音楽コンポーザーの梶浦由記氏=年齢非公表=が来年2月に芸能事務所「スペースクラフト」を退社することをスポニチ本紙が報じた23日、梶浦氏がプロデュースする音楽ユニット「Kalafina(カラフィナ)」が、事務所に来年1月23日に行う10周年記念ライブ以降の休養を申し出ていたことが分かった。

 音楽関係者によると「それでも仕事が入ってきてメンバーは困惑している」という。来春に新曲発表、秋にはワールドツアーも計画されているが、同関係者は「梶浦さんが不在では内容が決まらず、ほとんど進められていない状況」と話した。

 カラフィナはこの日、都内でクリスマスライブを開催。騒動には触れなかった。梶浦氏はツイッターを更新したが、退社には言及しなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月24日のニュース