丘みどり“第二の故郷”佐渡で特別公演「この曲で紅白に王手を」

[ 2017年6月28日 05:53 ]

新潟県佐渡市の佐渡金銀山遺跡の「北沢浮遊選鉱場跡」を訪れた丘みどり
Photo By スポニチ

 演歌歌手の丘みどり(32)が27日、新曲「佐渡の夕笛」の舞台である新潟県の佐渡島で特別公演を行った。2005年のデビュー曲「おけさ渡り鳥」も同地の曲で佐渡は“第二の故郷”。金井能楽堂のステージで8曲を披露し、NHK紅白歌合戦への初出場を誓った。「佐渡の…」は2月に発売され、自己最高の5万5000枚を出荷。今年の女性演歌歌手の新曲では、紅白出場組の水森かおり(43)、市川由紀乃(41)に次ぐ3番目の売り上げとなっている。

 公演前に佐渡金山遺跡を訪れ、「紅白という山を掘り起こしたい」と力を込めた。将棋の藤井聡太四段(14)が公式戦29連勝の新記録をつくる中、「この曲で紅白に王手をかけたいです」とアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月28日のニュース