LinQ「再開発プロジェクト」福岡公演大成功!次回は5・27東京公演

[ 2017年5月5日 22:36 ]

コンサートを行うLinQのメンバー
Photo By スポニチ

 福岡公演大成功!結成6周年を迎えた九州を拠点に活動するアイドルグループ「LinQ」が5日、福岡市の福岡市民会館で「LinQ再開発プロジェクト福岡公演」を行った。3日に発売した新曲「トレジャー」など全25曲を披露。レッスン中に右膝前十字靱帯を損傷したリーダーの天野なつ(23)は、医師の許可を得て可能な限り熱演し、笑顔を届けた。27日には東京公演を東京・中野サンプラザで行う。

 全国で戦えるアイドルグループを目指す、今プロジェクト。推進条件の一つ「集客数8割以上」を求められた福岡公演は熱気に包まれた。収容人員1680人の福岡市民会館には1600人が詰めかけ、条件を大幅に上回る95%でミッション成功。“御礼”とばかりに約3時間、21人のメンバーが大いに会場を盛り上げた。 

 「プロジェクトの成功はもちろん、来てくれた皆さんが“最高だった”と言っていただけるのが一番。27日も楽しみにしていてください」

 笑顔で呼びかけたのはリーダーの天野だ。ライブ最初のMCで愛称の「なっちゃん」コールが響いた。副リーダーの原直子(28)に呼ばれ、ステージに車イス姿で登場。手元にはファンから贈られた千羽鶴を大事に持っていた。

 「千羽鶴ありがとうございます。お医者さんの診断を受けて、了承を得て可能な限り出演できるようになりました。今、できることを全力で出していきたいと思います」

 天野はレッスン中に右膝前十字靱帯を損傷。「ものすごく落ち込んだ」。歌唱時のフォーメーション変更などを余儀なくされたが、メンバー、スタッフ、ファンの声に支えられ、この日を迎えた。「無理せず完全復帰できるように、一日でも早くみなさんの前で、またバリバリ踊れるよう頑張りたい」と誓った。

 「再開発プロジェクト」により、現行メンバーでの活動は6月まで。以降は「LinQ」「新グループ」「ミュージカル集団」の3団体に振り分ける総称「IQ(アイドル九州)プロジェクト」を発足して全国展開する。同プロジェクト推進の条件の一つは、5日の福岡市民会館、27日の東京・中野サンプラザの2公演で8割以上の集客数。さらに同公演でのパフォーマンスなどを総合的に判断。2公演で成功を見なかった場合は、LinQの再編成のみにとどまり、新生LinQの選考から漏れたメンバーは引退も含め、自らの道を模索することになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年5月5日のニュース